自己紹介

中国語の学習記録に関する新しくブログを開始するにあたり、私の中国語勉強プロフィールを紹介させて頂きます。

中国語勉強歴は約3年。上海駐在歴あり。

僕は勤め先の海外事業部での業務から上海駐在の声がかかりました。駐在が決まってから中国語勉強を開始して、大体は下記のような感じです。

  • 2015年5月〜 日本で中国語学習開始 (全くのゼロから)
  • 2015年7月〜 上海駐在開始。
    上海で週3−4回 (1回3時間程度)語学学校通い勉強
  • 2015年9月  HSK4級受験(249点/300満点)
  • 2015年11月〜 上海で週1回 (1回1.5時間程度)語学学校に通い勉強
  • 2017年2月  HSK5級受験(243点/300満点)
  • 2018年2月  HSK6級受験(183点/300満点)
  • 2018年3月  日本へ本帰国・帰国後は独学で勉強中。

HSK4級までの3ヶ月間は、ひたすら勉強してきました。3ヶ月間で合計6〜700時間は中国語勉強に費やしていたと思います(>_<) 朝も昼も夜も、週末もひたすら勉強していましたね!懐かしい・・・笑
会社からプレッシャーを掛けられていた事もありましたが、今思えばそれがかなり良いモチベーションになっていたと思います。HSK自体は日本人にとっては比較的点をとりやすい試験ですが、中国語勉強を始めたばかりの方には、ぜひHSKをうまく活用しながら学習プランを策定していって欲しいです。
※HSKに関しては、公式サイトをチェックしてみて下さい!
HSK5級を200点くらい取れる様になると、ネイティブと簡単な会話ができる様な力がついているはずです。

僕のプロフィール上で「上海駐在」というのが他の方と比較してかなりのアドバンテージとなります。「中国現地で住んでりゃあ喋れる様になるでしょ!」と思う方も多いかもしれません。僕も多分そう思う…www しかし、実際に上海駐在を通して見てきた現実は違います!
現地で住んでいる日本人で中国語が喋れない人は圧倒的に多いんです。
これは、生活面も仕事面でも中国語が出来なくても問題無い環境が十分に整っているからだと感じています。ほとんどの日系企業は、社内に日本語が堪能な中国人スタッフを雇っているし、中には個人専属の通訳を雇っている企業も多い。そして、中国人の彼・彼女らは流暢な日本語を話し、とても優秀です。
生活面でも駐在員の奥様方は、「これ (这个 zhege)・いる (要 yao) ・いらない (不要 buyao)・ありがとう (谢谢 xiexei)」くらいの超最低限な単語のみで生活されている方がほとんどです。
当然、環境面の良さという点において、現地に住む・留学はとても良い方法です。しかし、それだけで簡単に語学を習得できるという様な魔法の方法ではありません。語学習得において一番重要なのは、やはり「自分に適したやり方で(楽しく)」「継続すること」なんです。
それに今の時代は、インターネットという素晴らしいテクノロジーのおかげで、世界との距離が圧倒的に近くなり「オンライン語学」などを使い、日本にいながらネイティブと会話する、接する機会が簡単に手に入ります。

 今中国語を勉強している方はぜひ「自分に適したやり方」を探し、パッションを持ちながら「継続」する事で中国語勉強に励んで頂きたいです!

我们一起加油吧! (一緒に頑張りましょう)

再见!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です